ガクチカ

【ガクチカ】新聞営業のアルバイトって就活で本当に強いの?(例文)

6月 14, 2020

  1. HOME >
  2. ガクチカ >

【ガクチカ】新聞営業のアルバイトって就活で本当に強いの?(例文)

6月 14, 2020

ESや面接で必ず質問されるガクチカにおいて、「新聞営業のアルバイト経験」は人事にどう評価されるのか、エピソードをどのように仕上げれば良いかについて本記事で解説します。

 

本記事はこんな方におススメ

  • 新聞営業のアルバイト経験をガクチカとして書こうとしている人
  • ESや面接で新聞営業のガクチカがなかなか評価されない人

 

「新聞紙なんて要らない」という人も多い中で、訪問営業しなければならない新聞営業のアルバイトはストイックが求められるで実力主義な厳しい環境です。

 

そのため、において新聞営業のアルバイト経験をガクチカにする学生も多いのですが、果たして企業には新聞営業のアルバイトはどのように評価されているのでしょうか?

 

本記事では、現役人事部として1,000名以上の学生との面接を行ってきた経験をもとに、新聞営業のアルバイトの人事視点の評価や新聞営業のガクチカの書き方を紹介したいと思います。

 

最後まで読んでいただれば、新聞営業のガクチカで本当にアピールすべきことが明確になり、ESや面接でのガクチカの評価も今以上に良くなることでしょう。

 

人事部からみた新聞営業のガクチカの評価

新聞営業のガクチカは「ハードな環境で努力した」というポジティブな印象を抱きやすいです。

 

しかし、「同じようなエピソードが量産されやすい聞き飽きたガクチカ」というネガティブな印象も抱きやすいです。

 

新聞営業のガクチカのポジティブな点

におけるガクチカでは企業は学生の「能力」や「人柄」を確認しようとしています。

 

新聞営業のアルバイトは他のアルバイトに比べて、以下の点で相当な努力が必要となるため、「能力」や「人柄」が顕在化しやすいアルバイトであると言えるでしょう。

  • 差別化できない商品を売る=創意工夫が求められる
  • 需要が低下している商品を売る=販売戦略を試行錯誤する必要がある
  • 販売形式が訪問で邪険にされやすい=話を聞いてもらうテクニックが必須

 

新聞営業のガクチカのネガティブな点

経験上、新聞営業のガクチカはアピールする内容や、そもそものエピソードが似通っているものが多く差別化できない印象があります。

 

どのエピソードも「最初は売れなかったが、お客様のニーズを聞く重要性に気付き、結果として支店で〇〇位の営業成績を収めた」のようなものばかりです。

 

恐らく新聞営業のアルバイトでは代々にわたって先輩から「ではこうやってアピールすれば良いよ」というテンプレのようなものがあると思います。

 

しかし、何年も採用担当をしていると、全く同じ新聞営業のガクチカを何度も聞いているため、「あぁ今年もか。。。」とウンザリすることが多いです。

 

他のエピソードでガクチカを書こうかな・・・と感じた方

 

以下の記事を参考にあなたの魅力を最大限に引き出すガクチカを探してみてください!

 

ガクチカ集はこちら

どのエピソードでガクチカを書くべき?40種類以上のエピソード紹介!
どのエピソードでガクチカを書くべき?50種類以上のエピソード紹介!

続きを見る

 

新聞営業のガクチカが評価されるには?

新聞営業のガクチカで企業に高く評価されるためには、「営業」という仕事を細分化して、特に自分なりに創意工夫した点を抽出するようにしましょう。

 

一口に「営業」と言っても、そのプロセスは多岐にわたるはずです。

 

営業のプロセス

  1. 市場の分析
  2. ターゲット選定
  3. 顧客ニーズ分析
  4. アプローチ方法検討
  5. アフターフォロー

 

営業のプロセスの中で最も工夫した点をアピールすることで、面接官はあなた自身が実際にその企業で働く際にどのような仕事の進め方をするのかイメージしやすくなるはずです。

 

例えば、新聞営業での市場分析とは、「担当地域の住民の属性」や「担当地域の時間帯ごとの在宅率」などをしっかり分析することを指します。

 

「営業」のプロセスを細分化してあなたの強みや学びをより際立てると印象深いガクチカになります。

 

新聞営業のアルバイトで身に付くスキルは?

新聞営業のアルバイトで身に付くスキルは以下の通りです。

 

  • 「分析力」:市場の分析や顧客ニーズ分析で身に付く
  • 「試行力」:アプローチ方法を検討する中で身に付く
  • 「コミュニケーション能力」:営業トークやアフターフォローを検討する中で身に付く
  • 「ストレス耐性」:訪問営業という心的負荷がかかりやすい仕事内容であるため自然と身に付く

 

これらのスキルの中から、自分自身の強みとして発揮できたエピソードを選択するようにしましょう。

 

新聞営業のガクチカの書き方

新聞営業のガクチカで評価される方法と、アピールするポイントを決めれば、最後にそれらを上手く伝えるためにエピソードの構成を考えます。

 

エピソードの構成を考える際は「STARの観点」というフレームワークを活用すると初めて話を聞く人にも分かりやすく、コンパクトに伝えることができます。

STARの観点

・Situation=状況

初めてそのエピソードを聞く人にも理解できる話になっているか、「いつ」「どこで」「誰が」を意識しましょう。

・Task=課題・問題

「なぜ?」あなたがその課題に取り組もうと考えたのか、徹底的に深堀りして考えましょう。

・Action=行動

どのような能力を発揮して課題解決にあたったのか「具体的」に言語化しましょう。

・Result=結果

「成果」<「学び」を意識して、それが社会人になってどのように活かせるか伝えましょう。

 

ちなみにSTARの観点の詳しい解説は以下の記事を参考にして下さいね。

 

【就活】人事部直伝のガクチカの書き方と評価されるポイント
面接を突破できるガクチカのフレームワーク【現役面接官が伝授】

続きを見る

 

新聞営業のガクチカ例文

最後に新聞営業のガクチカの例文を紹介します。

 

ここでは実際に私が面接の中でよく聞く「悪い例文」と、今まで紹介したポイントを押さえた「良い例文」の2パターンを紹介します。

 

悪い例文

悪い例文

私が学生時代最も力を入れた取組は新聞営業のアルバイトです。

新聞営業のアルバイトには新規営業と既存契約更新の2種類があるのですが、私はより厳しい新規営業に挑戦しました。

最初は契約を取ることばかりに目が行ってしまい、新聞をアピールする一方的な営業トークばかりに終始していました。

しかし、一向に営業成績が良くならなかったため、営業成績の良い先輩に同行させ頂き勉強しました。

その際、先輩は新聞の契約を取ることよりもお客様のニーズをヒアリングすることに注意していることに気付きました。

そこで、私はまずはお客様の声に耳を傾けることを意識して営業しました。

他愛もない世間話などに付き合い、信頼関係を構築することを意識しました。

最終的にはお客様から「〇〇君だから契約するね」と言ってい頂き、新規契約を獲得することができるようになりました。

結果として私は支店で200名中3位の営業成績を収めることができるようになりました。

 

この手の新聞営業のガクチカがとにかく多いです。

 

勿論、最終的に結果を残せているので素晴らしいのですが、「なぜ、営業成績3位を獲得できたのか?」腹落ちしにくいエピソードです。

 

チョイスしている言葉が抽象的過ぎて、この学生の「能力」や「人柄」が表現できていないからです。

 

良い例文

良い例

私が学生時代に最も力を入れた取組は新聞営業のアルバイトです。

私は幼少期から人とすぐに打ち解けることができる性格であったため、その強みを生かせるアルバイトがしたいと思い新聞営業のアルバイトを始めました。

最初の内は高校時代の野球部で培った打たれ強さを武器に、何件ものお宅に飛び込み営業を行っていましたが、全く相手にされない日々が続いていました。

そんな中、私よりも営業件数が少なく、コミュニケーション能力が高いと言えない同期が支店1位の営業成績を収め、自分への自信が喪失しました。

しかし、やるからには必ず成果を上げたいという強い思いを持っていたので、私はプライドを捨てて同期の営業に同行させてもらいました。

そこで、私は自分の目標の為に営業しているだけで、お客様の興味・関心に全く触れれていないという点に気付かされました。

そこからは「お客様に新聞を通して付加価値を提供する」というを考え軸に、お客様がどんな情報を知りたいのか徹底的にリサーチするようになりました。

これまでは「〇〇君だから契約してあげる」というお客様とのリレーションの作り方しか評価されていませんでしたが、これらの取組の結果、「新聞でそんなことを学べるなら契約したい」と新聞に付加価値を見出して頂けるようになりました。

この取組から、「相手の望むものに対して何ができるか」自分なりに創意工夫することが成果につながる営業職の魅力を学ぶことができました。

 

この例文では新聞営業の中の「顧客ニーズの検討」「アプローチ方法の検討」について深堀りしています。

 

また、成果や実績だけでなく、「能力」や「人柄」を前面に押し出す書き方をしています。

 

これくらい具体的に深堀りできれば、新聞営業のガクチカの中でもかなり差別化できるモノに仕上げられます。

 

【面接対策】深堀り質問への対応するコツ(現役面接官が伝授)

【必見】面接官にエピソードを深堀された時に上手く答える3つのコツ

 

面接でのアピール方法について詳しく紹介しましたが、面接対策としてはまだ不十分です。

 

面接官からの深堀り質問に回答ができて、やっと面接対策が十分だと言えます。

 

でも、面接官の質問なんて予測できないし・・・
Rambo
実は面接官の質問には明確なパターンがあります!質問のパターンを把握しておけば、どんな面接でもパニクることはなくなります

 

詳しくは、以下の記事を参考にして下さい。

 

こちらもCHECK

【必見】面接官にエピソードを深堀された時に上手く答える3つのコツ
【必見】面接官にエピソードを深堀された時に上手く答えるコツ

続きを見る

 

 

あなたのガクチカが通用するか評価してもらう方法

ガクチカで『洞察力』を上手くアピールする3つのステップ(例文付き)

選考を受ける前に、スカウトサービスを活用してガクチカが「企業に評価されるか」を確認することをオススメします

 

ガクチカを完成させても、面接官に思い通りに評価されるか不安ですよね。

自分で『完璧』と思っていても、以下のように企業視点では『いまいちだな・・・』と感じられることは多いです。

  • 客観的視点が欠落したガクチカになる
  • 面接官の視点が欠落したガクチカになる
  • 伝わりにくい言葉や論理の飛躍が盛りだくさんのガクチカになる

 

上記のような状態に陥らないためにも、スカウトサービスにあなたのガクチカを掲載してみましょう

 

メモ

スカウトサービスとは、登録されたガクチカを見た企業の採用担当から特別選考のスカウトが送られるサービスです。

また、登録するガクチカはいつでも編集できるため、「どんなガクチカが企業にウケるのか」を試行錯誤できるのも魅力的です。

なんと言っても、数多くの企業の採用担当にあなたのガクチカを見てもらえるというのは最大のメリットと言えるでしょう。

もし、スカウトを獲得できれば儲けモノ、獲得できなくても改善の余地があるということを選考前に発見できるのです

 

ポイント

選考前にスカウトサービスでガクチカが評価されるかテストマーケティングすることが重要

 

スカウトサービスを活用してガクチカに磨きをかければ、自信を持って本選考に臨めそうですね!
Rambo
以下記事で『本当に価値があるサービス』を厳選して紹介します。

 

こちらもCHECK

自己PR,観察力
採用担当によるスカウトサービス徹底比較【キミスカ・OfferBox・dodaキャンパス】

続きを見る

 

 

新聞営業のガクチカまとめ

以上、本日は学生時代に頑張った経験として新聞営業のアルバイトを説明する際のポイントを紹介しました!

 

最後に本日紹介したポイントをまとめておきます!

 

新聞営業のガクチカまとめ


新聞営業のガクチカは同じパターンが多い


新聞営業のガクチカでは「営業」を細分化して考える


新聞営業で身に付くスキルを意識する


ガクチカを書き上げる際は「STARの観点」

 

いかがでしたでしょうか?

 

このように、新聞営業のアルバイト経験を企業の求める観点を織り交ぜて回答することが重要です。

是非、あなたの強みを盛り込んだ新聞営業のアルバイトのエピソードを練り上げていきましょう!

-ガクチカ
-, , ,

© 2022 就活GrowUpブログ Powered by AFFINGER5