選考対策

【必読】適性検査で企業が見ているポイント・就活での活用方法を公開

8月 30, 2021

  1. HOME >
  2. 選考対策 >

【必読】適性検査で企業が見ているポイント・就活での活用方法を公開

8月 30, 2021

 

企業にエントリーする際に、適性検査(性格診断)を受験する機会は多いと思います。

 

しかし、実際に企業が適性検査の結果をどのように活用しているのか気になりますよね?

 

適性検査の結果で選考結果は変わるの?
適性検査よりもwebテストの方が大切!
ぶっちゃけ嘘ついてもいいんじゃない?

 

などなど、疑問に思うことは多々あるかと思います。

 

そこで、本記事では現役の採用担当である筆者が以下を解説します。

 

本記事で学べること

  • 企業が適性検査をどう活用しているのか
  • 適性検査を就活に活用する方法
  • 事前に受験しておくべき適性検査

 

本記事を読めば、企業の適性検査の活用方法は勿論、適性検査の結果を活かす方法まで理解できるようになります。

 

ぜひ、最後まで読んで下さい。

 

筆者オススメの適性検査

OfferBoxに実装されている適性検査
→延べ受験者数が100万人を超えるテッパン適性検査

キミスカに実装されている適性検査
→多角的に診断してくれる高精度適性検査

 

適性検査とは?

 

適性検査とは、あなたの能力や性格といった特性を診断するテストであり、多くの企業が選考で導入しています。

 

適性検査では、全受験者(過去の受験者を含む)の結果から、あなたの特性を定量的な指標で算出されます。

 

そのため、企業にとっては、面接では可視化しにくい性格や能力を把握できるツールなのです。

 

企業は適性検査をどう使ってる?

面接の合格率が圧倒的に高まる話し方(2つのことを意識するだけ

 

実際に企業は適性検査の結果をどのように活用しているのか、大手企業の採用担当の経験から解説したいと思います。

 

結論から言うと、企業は適性検査を以下の4つの目的で活用しています。

 

①求める人物像を決める

 

適性検査結果から、自社の選考を受ける学生の傾向が割り出せます。

 

自社の選考を受ける学生の傾向から、どのような学生を優先的に採用すべきか方針を立てているのです。

 

例えば、安定志向の学生が多い企業であれば、希少な挑戦的志向の学生を優先的にイベントに招待しよう‥みたいな具合です。

 

Rambo
予め企業説明会やインターンで企業が求める人物像がリンクしているか確認しておきましょう

 

こちらもCHECK

インターン行きたくない人向け!めんどくさいと感じた時の対処法

続きを見る

 

②選考の足切りに使っている

 

活躍する人物or活躍しない人物の特徴が明確な企業では、適性検査の結果で選考の足切りを行なっていることが多いです。

 

ヴァイタリティが○○点以下の学生は一律不合格にする‥みたいな具合です。

 

また、昨今は知的能力テスト(SPIや玉手箱)は回答が出回ってしまっているので、適性検査を優先する企業が増えています

 

Rambo
それ程、適性検査の優先度が上がっていることを認識しておきましょう。

 

③アピールした能力の有無を確認している

 

適性検査結果は面接でも活用されています

 

あなたが自己PRなどでアピールした能力が適性検査でも表れているかを面接官は見ています。

 

例えば、計画性をアピールしているのに、適性検査結果で計画性が低く表れていると、面接は「自己理解できていないのでは‥?」と疑念を抱いてしまいます。

 

Rambo
事前に適性検査結果を受験し、適性検査結果に表れる能力と、面接でアピールしていることにズレがないか確認しておくと良いでしょう。

 

④自社との適合を確認している

 

適性検査では、あなたの能力だけでなく、あなたの性格や向いてる職種まで分析されます

 

採用担当はそれらを見て、あなたが自社の仕事にモチベーションを発揮してるれるかどうか参考にしています。

 

例えば、裁量権があって自身で意思決定していくことが求められる会社なのに、受け身で指示されることを好む学生がエントリーしてきた場合は、「向いてないかもな‥」と判断します。

 

Rambo
自分の志向性が理解できていれば、自ずと就活の軸もクリアになるので、早めに適性検査を受験しておくことをオススメします。

 

企業は適性検査の何に注目している?

自己PRで『洞察力』を上手くアピールする3つのステップ(例文付き)

 

ここからは、企業が適性検査結果の中でも、特に注目している点を解説したいと思います。

 

能力に注目している

 

真っ先に企業が確認しているのは能力です。

 

企業によって求める能力は多種多様ですが、ざっくりと以下のようなタイプに分類することができます。

 

能力の切り口

対課題力:(例 分析力・計画力・発想力)
対自分力:(例 決断力・忍耐力・行動力)
対人力:(例 主張力・受容力・協調力)

 

Rambo
課題・自分・他人それぞれに対してどのような能力を発揮しやすい傾向にあるのか正しく理解しておきましょう。

 

こちらもCHECK

自己PRでアピールできる24個の強み一覧【評価される強み大公開】
自己PRでアピールできる24個の強み一覧【評価される強み大公開】

続きを見る

 

ストレス耐性に注目している

 

次に、ストレス耐性です。

 

せっかく採用したのにストレスが原因でやめてしまっては元も子もありません。

 

仕事の特性や、対人関係など、業務の特性によって生じるストレスは様々です。

 

Rambo
事前にOB訪問などでリアルな社員の声を聞いておくことをオススメします。

 

オススメ

手軽にOB訪問したいなら、OBトークがオススメです。

簡単な2ステップですぐ始められ、OB訪問を依頼するのにメールを考えなくても「定型文」でサクッとOB訪問できちゃうので、就活生への負担がほぼ0です。

 

回答の一貫性に注目している

 

最後にマル秘情報ですが、実は適性検査は嘘をつくとバレてしまいます

 

適性検査結果には回答の一貫性を表す項目があり、明らかに適当に受けている場合や、自分をよく見せようとしている場合は「一貫性なし」をいう結果が出ます。

 

Rambo
当然、適当に受けたり、嘘をついている場合は不合格になるので、適性検査は真摯に取り組むようにしましょう。

 

実際に適性検査を無料で受けてみよう!

 

ここまで、企業の適性検査の活用方法や、何に注目しているのか解説しました。

 

でも実際に適性検査受けないと対策できないですよね?
Rambo
その通りです!通常、選考に参加しないと適性検査は受けられないし、結果もフィードバックされません。

 

そこで、無料で受験できて精度が高い適性検査を紹介します。

 

企業にエントリーしなくても、無料で適性検査が受験できるので、自分が企業にどのような人だと認識されるのかを事前に把握しておくことができます。

 

個人的には、以下で紹介している無料適性検査が最強だと思っているので、時間があるときに受験してみてください。

 

新たな強みを見つけられるハイクオリティ適性検査(キミスカ)

 

自分の新たな強みを発見したいという方には、キミスカの適性検査が1番オススメです。

 

キミスカの適性検査は「強み」や「弱み」は勿論、「ストレス耐性」「価値観」「性格」など10項目も診断してくれるハイクオリティな適性検査です。

 

 

また、検査結果からあなたの「ビジネス戦闘力」を測定してくれるので、今のあなたがビジネスでどの程度通用するのか、ズバリ教えてくれます。

 

 

更に、診断結果から「人物像」や「適性職種」をフィードバックしてくれるのですが、このコメントを面接官に見てもらえばOKなレベルで超絶わかりやすいです・・・笑

 

 

適性検査を受験して得られること

  1. 「強み」「弱み」が細かく診断
  2. 自己分析が難しい観点も診断
  3. ビジネス戦闘力という独自診断
  4. 超絶わかりやすい人物像診断
  5. 診断結果に合う優良企業からのスカウト

\ 1分で登録完了 /

 

Rambo
あなたの適性検査結果を見た優良企業からスカウトが来るので、持ち駒を増やすこともできますよ。

 

強み・弱みを的確に教えてくれる適性検査(OfferBox)

 

まずはテッパンの適性検査を受験したいという方にはOfferBoxに実装されている「AnalyzeU+」をオススメします。

 

OfferBoxの適性検査では、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つのカテゴリーで診断してくれます。

 

更にそれぞれのカテゴリーを構成する要素を細かく偏差値で示してくれているので、自身の強み・弱みを視覚的に理解できるようになります。

 

 

更に、強み・弱みのそれぞれにコメントまでしてくれるので、自己PRやガクチカに応用しやすいのも嬉しいポイントです。

 

 

適性検査を受験して得られること

  1. 「強み」「弱み」が一目瞭然
  2. ビジネスに必要な能力を網羅的に診断
  3. 「強み」「弱み」を具体的にフィードバック
  4. 診断結果を見た大手企業・ベンチャー企業からスカウト

\ 1分で登録完了 /

 

Rambo
大手企業からベンチャー企業まで幅広く使われているスカウトサービスです。

 

適性検査結果をどう活かすべき?

ガクチカとして『資格取得』経験を面接でアピールできるのか(例文付き)

 

では、ここからは応用編です。

 

前述の適正検査を受けたら、その結果を就活で活かすための戦略を練りましょう。

 

ここでは、自己分析と就活の軸を見出す方法をお伝えします。

 

自己分析編(5STEP)

 

適性検査の結果は、あなたの強み/弱みを再確認するのに活用できます。

 

以下の5つのステップを意識すると、強み/弱みに対して面接で聞かれても網羅的に答えられるようになります

 

step
1
アピールしたい強みが検出されているか確認

step
2
気付いていなかった強みが無いか確認

step
3
STEP2で見つけた強みが発揮された経験を振り返る

step
4
気付いていた弱み/気付いていなかった弱みを確認

step
5
STEP4で見つけた弱みに対する自身の考えを明確にする

 

就活の軸編(3STEP)

 

適性検査では仕事への適性も定量化されるので、就活の軸を考える参考になるはずです。

 

以下の5つのステップを意識することで、就活の軸をクリアにすることができます

 

step
1
「やりたい」と「できる」のどっちを好むのか確認

step
2
向いている/向いていない職種を確認

step
3
ビジョン・事業・組織・待遇の何を重視しているのか確認

 

まとめ

 

以上、いかがでしたでしょうか?

 

本記事では、企業の適性検査の活用方法、適性検査の結果を活かし方を解説しました。

 

適性検査は対策がしようのないテストではありますが、企業にエントリーする前に受験しておくことで、企業にどう見られるか把握しておくことが可能です。

 

企業にどう見られるか事前に把握できれば、選考対策も捗るはずです。

 

ぜひ、本記事を参考にしてみてください。

 

-選考対策
-, ,

© 2022 就活GrowUpブログ Powered by AFFINGER5