就活ツール

『LabBase(ラボベース)』の評判・口コミを現役人事が解説!

5月 7, 2021

  1. HOME >
  2. 就活ツール >

『LabBase(ラボベース)』の評判・口コミを現役人事が解説!

5月 7, 2021

本記事の信憑性

  • 筆者は現役の大手企業の新卒採用責任者
  • 3年間で1,000名を超える学生との面談・面接を経験
  • 専門は新卒採用戦略企画(2,000名参加の企業向けフォーラムで採用戦略が紹介される)

 

もはや就活生の間ではマストツールと言われているスカウトサービス。

 

中でも理系に特化した「LabBase(ラボベース)」について、現役人事部の筆者が評判を解説します。

 

結論として、『LabBase』は研究で忙しく就活に時間を割けない理系学生にオススメのサービスです。

 

また、理系に特化したサービスであるため、自身の研究内容を余すことなくアピールできるサービスです。

 

一方で、LabBaseを利用している企業数は少ないので、多くの業界・企業からスカウトを貰いたいと考えている学生にはあまり向かないサービスです。

 

★現役採用担当者おすすめ逆求人サイト3選★
※すべて完全無料で利用できます。

OfferBox
✓利用企業数最多の日本最大規模の逆求人サイト!
✓大手有名企業も多数利用!

キミスカ
✓とにかく沢山のスカウトを獲得できる逆求人サイト!
✓まだ見ぬ優良中堅企業が多数利用!

dodaキャンパス
✓ベネッセ✕パーソルが運営する逆求人サイト!
✓大手有名企業も多数利用!

 

では、以下でスカウト型サービスLabBaseについて詳しく紹介します。

 

スカウト型サービスとは?

逆求人サービスで就活を合理化する【初心者・上手くいかない人必見】

スカウト型求人サービスとは、企業から学生に対して面談やイベントへの参加依頼が来るリクナビ・マイナビとは真逆の発想のサービスです。

 

通常は学生が業界・企業を絞り込み、説明会やインターンの参加、OB・OG訪問など、自ら動く必要があり、時間と手間がかかります。

 

しかし、スカウト型サービスでは、あなたを評価した企業の方から、特別なイベントや特別選考などに招待してくれます。

 

そのため、効率的に就活を進めることができることができます。

 

スカウト型サービスとは

  1. 人事担当者があなたのプロフィールを見てスカウトする。
  2. スカウトには特別なイベントや面談などの特典がある。
  3. 人事担当者とチャットで双方向コミュニケーションができる。

 

Rambo
あなたを評価する企業が存在するという精神安定剤としての役割も見逃せません。

 

LabBaseとは?

LabBaseとは、株式会社POLが運営する理系学生を対象にしたスカウト型サービスです。

 

社会を大きく前進させる科学技術のスピードを早め、日本社会の発展に貢献する」という想いで立ち上げられています。

 

LabBaseの概要

名前LabBase(ラボベース)
登録企業数約200件
登録学生者数約2万人(2020年2月)
専攻別の学生登録割合機電系37%・情報系21%・化学系20%・その他

 

LabBaseの運営企業

会社名株式会社POL
設立2016年9月
事業内容新卒向けスカウトサイト「LabBase」
研究者向けプラットフォーム「LabBase X」
専門家相談サイト「Acaview」
ホームページhttps://pol.co.jp/
住所〒100-0004
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル 9F

 

LabBaseの特徴

ガクチカで『ボランティア経験』を魅力的にアピールする方法(例文付き)

数あるスカウト型求人サービスの中でもLabBaseの特徴と言えるのは以下の通りです。

 

LabBaseの特徴

  1. 理系学生に特化したスカウトサービス
  2. 研究内容を思う存分アピールできる

 

では、これらの特徴があなたの就活にどのような恩恵をもたらすのか詳細を見てみましょう。

 

①理系学生に特化したスカウト型サービス

 

LabBaseの最大の特徴はなんと言っても、「理系学生限定」のスカウト型サービスである点でしょう。

 

スカウト型サービスは他にも存在しますが、理系に特化したスカウト型サービスはかなり少ないです。

 

そのため、就活市場で多数派の文系学生が登録しておらず、他スカウト型サービスよりもスカウトを貰える確率が高いです。

 

また、理系学生限定なので、LabBaseを活用する企業も理系に特化した職種や業務内容を詳しく掲載してくれています。

 

ポイント

  • 就活市場で多数派の文系がいないからスカウトを貰える確率が高い
  • 普通のナビサイトでは知れない理系向けの職種・業務内容が掲載されている

 

Rambo
理系学生限定なので、企業も狙い撃ちでスカウトをくれます。

 

②研究内容を思う存分アピールできる

 

LabBaseの自己PR欄では、あなたの研究内容をかなり詳細に記載することができます

 

通常のスカウト型サービスでは、小学生~大学生までの経験やガクチカを中心にアピールする形式です。

 

しかし、理系学生であれば自身の専攻が企業で活かせるのか確認したいですよね。

 

その点、LabBaseでは研究内容をたっぷりアピールできるので、企業はあなたの専攻を自社で活かせると判断してくれる可能性が高いです。

 

ポイント

あなたの専攻が会社でどのように活かせるか判断しやすい

 

Rambo
専攻を活かせるかどうか、事前に企業が判断してくれるのも効率的ですよね。

 

LabBaseの評判・口コミ

雑談形式の面接の目的とコツは?面接官が伝える雑談面接の攻略方法

ここからはLabBaseの評判を紹介します。

 

実際にLabBaseを活用していた就活生の声をTwitterで情報収集したところ、以下のような良い評判・悪い評判が挙げられていました。

 

LabBaseの良い評判

 

LabBaseユーザーの就活生はLabBaseにどんなメリットを感じているのか、まとめました。

 

①選考優遇が強い
②忙しい理系学生の就活を合理化してくれる
③研究内容で評価してもらえる

 

①選考優遇が強い

 

LabBaseでは研究内容を思う存分アピールできるので、企業も学生が即戦力になるか判断しやすいです。

 

そのため、選考免除等の優遇が他のスカウトサービスよりも強い傾向にあります。

 

②忙しい理系学生の就活を合理化してくれる

 

LabBaseのキャッチコピーは「研究室で就活が終了」ですが、実際に研究漬けでも就活をこなすことができるようです。

 

研究に打ち込んでいる学生は、文系学生ほど就職活動に時間を割くことが難しいので、就活を合理化してくれるスカウトサービスは心強い味方になりますね。

 

③研究内容で評価してもらえる

 

LabBaseでは、アルバイト経験やサークル経験よりも研究内容が何よりも重視されます。

 

そのため、真剣に研究に打ち込んでいた学生ほど厚遇される傾向があります。

 

「バイトやサークル漬けの学生よりも評価されたい」と考える学生にとっては、ありがたいサービスです。

 

LabBaseの悪い評判

 

LabBaseについて肯定的な意見が圧倒的に多いですが、一部ネガティブな評価も存在したので、あわせて紹介します。

 

情報管理についての説明がややわかりにくい

登録された個人情報をどのように利用するのか説明が不十分な点もあるようです。

 

数年前に学生の個人情報を無断で流用した某ナビサイトが大炎上したこともあるので、早急な対応を期待したいところです。

 

ちなみに、LabBase公式からも、「分かりやすく説明できるように努める」との返信があったようなので、改善されることでしょう。

 

掲載企業数が少ない

LabBaseを利用している企業数は約200社と、スカウト型サービスの中では利用企業数が少ない方であると言わざるを得ません。

 

様々な業界・企業で理系人材の専門性を評価する声が上がっているので、今後の利用企業数の拡大に期待したいところです。

 

適性検査が実装されていない

 

スカウト型サービスには適性検査が搭載されていることが多いですが、LabBaseには適性検査は実装されていません

 

研究内容中心にアピールできるので「専攻が活かせるか?」という不安は払拭されますが、「その企業に合うかどうか」はLabBaseでは判断できないです。

 

デメリットは他のスカウト型サービスで補完しよう

 

上記の通り、「利用企業数の少なさ」や「適性検査未実装」といったデメリットに関しては、他のスカウト型サービスと併用することでカバーすることが可能です。

 

他のスカウト型サービスで、「適性検査を利用した自己分析」・「多様な企業との接点形成」を行い、LabBaseで本命企業を見つけるという使い方が合理的です。

 

他のスカウト型サービスについては、特に優れたモノだけ以下に紹介しているので参考にしてください。

 

①スカウトサービス人気No.1『OfferBox』

OfferBoxは就活生に最も利用されているスカウトサービスです。

 

ベンチャー企業から大手企業まで、幅広い企業が活用しているサービスであるため、まだ志望業界・企業が定まっていない人にオススメのサービスです。

 

また、企業が学生のプロフィールを本気で確認してスカウトを送るように設計されているサービスなので、スカウトの質も高いサービスです。

 

学生にとって登録必須のサービスだと思うので、登録がまだの方は以下から是非とも登録して下さい。

 

OfferBoxの特徴

  • 6,000社以上の企業が利用
  • 企業にオファー数制限があるので本気のスカウトが来る
  • 適性検査も完備されているので自己分析が捗る

 

 

 

【OfferBox】利用企業が評判や利用方法を解説(企業側の視点・悪評もレビュー)
参考OfferBox(オファーボックス)の評判・口コミを企業側目線で紹介

続きを見る

 

②とにかく沢山スカウトがもらえる『キミスカ』

キミスカはOfferBoxと同じく、企業側から気に入った学生に対してスカウトを提示するスカウト型サービスです。

 

キミスカはとにかく沢山の企業からスカウトを獲得することができるので、「駒を増やしたい」「まずは1社内定が欲しい」という方にオススメのスカウトサービスです。

 

スカウトの種類が「プラチナスカウト」「本気スカウト」「気になるスカウト」と3種類存在するため、あなたにスカウトしてくる企業の本気度が一目瞭然なのも嬉しいポイント。

 

あなたの自己PRを掲載してみて、企業の反応を試してみましょう。

 

キミスカの特徴

  • 精度の高い適性検査を実装しているので自己分析に役立つ
  • スカウトの種類で企業の本気度が一目瞭然
  • 隠れ優良企業からスカウトが届く

 

 

キミスカの特徴・評判を現役人事部が解説(就活生による評価まとめ)
参考キミスカの評判/結局、他の就活サイトと何が違う?(人事が批評)

続きを見る

 

③大手企業からのスカウトを狙う『dodaキャンパス』

dodaキャンパスの特徴・評判を現役人事が解説(デメリットも解説)

 

dodaキャンパスは教育大手のベネッセと転職業界大手のパーソルが共同運営するスカウトサービスです。

 

dodaキャンパスを利用している企業には大手有名企業が多いことから、大手志向の学生にオススメのサービスと言えます。

 

また、あなた自身の個性がアピールしやすいように工夫されているので、企業に個性を認めて欲しいという方にピッタリなサービスです。

 

dodaキャンパスの特徴

  • 業界大手のベネッセ・パーソルの共同運営
  • 就活に役立つコンテンツを受講できる
  • 大企業・有名企業が多く利用している

 

気になる方は是非とも以下の公式サイトから登録してみて下さい。

 

 

dodaキャンパスの特徴・評判を現役人事が解説(デメリットも解説)
参考dodaキャンパスの特徴・評判を現役人事が解説(デメリットも解説)

続きを見る

 

その他の理系特化サービス

理系学生の多くは大学の研究室での活動と就活を並行して行う必要があり、文系学生よりも就活に割ける時間が少ないと言われています。

 

また、理系学生の大学院への進学率は非常に高いため、周囲に就活に力を注ぐ友人が少なく、就活情報も集まりにくい傾向があります。

 

そのため、理系学生は文系学生より、就活の視野も狭くなってしまいがちです。

 

Rambo
理系学生はなかなかインターンやイベントにも参加しにくいですからね・・・

 

その一方で、様々な業界でDX化が進められており、理系学生を優先的に採用している企業や、理系学生に特別待遇を用意する企業は増加しています。

 

そこで、理系学生の就活の視野を広げ、新たな出会いをもたらしてくれる就活サービスを紹介したいと思います。

 

Rambo
意外な企業が理系を厚遇しているので、視野を広げてみましょう!

 

①理系学生の就活マストツール『理系ナビ』


『理系ナビ』は理系学生に特化した就活ナビサイトです。

 

求人情報は勿論、理系の就活対策情報やスカウトサービスに至るまで、幅広いサービスを無料で活用することができます。

 

理系ナビの特徴

  • 理系に特化した老舗の就活ナビサイト
  • 求人情報・スカウト機能・情報誌など多様なサービスを完備
  • 意外な企業の理系求人も掲載

 

Rambo
ここまで幅広く理系学生の就活に対応しているサービスは『理系ナビ』だけ

 

 

詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にして下さい。

就活ナビサイト『理系ナビ』の評判【一般就職する理系学生は必見!】

 

 

②ITエンジニア特化『レバテックルーキー』

 

レバテックルーキーは新卒でITエンジニアになりたい学生の就職活動をサポートする、ITエンジニア専門の就職エージェントです。

 

年間3,000社以上と情報交換をしている日本最大規模のIT業界のネットワークで蓄積された、企業の内部情報や職場環境、人柄など生の情報を学生へ提供してくれます。

 

また、エンジニア業界を熟知しているアドバイザーがカウンセリングしてくれるので、入社後のキャリアパスを考慮したファーストキャリアのアドバイスしてくれます。

 

Rambo
『キャリアチケット』で有名なレバレジーズのグループ会社なので、運営面は安心ですね。

 

レバテックルーキーの特徴

  • メガベンチャー中心に取引企業数5,000社以上の独自求人
  • 20万人以上のエンジニアの支援実績
  • ITエンジニアに精通したアドバイザーがリアルな情報を紹介

 

 

LabBaseの評判:まとめ

 

以上、いかがでしたでしょうか?

 

本記事では理系特化のスカウト型サービス『LabBase』について、特徴と評判を解説しました。

 

LabBaseは以下のような理系学生にとって最適なスカウトサービスです。

  • 研究で忙しく、就活を効率化したい人
  • 研究内容をアピールしたい人

 

一方で、以下のような理系学生は他のスカウト型サービスと併用した方が良さそうです。

  • 様々な業界・企業からスカウトが欲しい人
  • 自己分析を深めたい人

 

是非、LabBaseを活用して、就活を有利に進めてください!

 

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

-就活ツール
-,

© 2022 就活GrowUpブログ Powered by AFFINGER5